09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お供はコーヒーで。

コーヒーお供にまたはとが何か書いてますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き続き夢の話っ

えーと、夢の中で私は男の人でした。
普通の男の人じゃなくて妻子あるおじさんで、不思議な能力を持ってました。
その能力ってのが「やり直し」の能力。
ゲームみたいな感じで、そのシーン冒頭からやり直しができる、みたいな。

そこそこ古いマンションの中にいると突然地震が起きて、コンクリの階段(学校の非常階段みたいな)を駆け下りて外に出るんです。
外に出て見ると、マンションが崩れているわけです。
そこで初めて、自分には子どもがいることを思い出すんです。
大慌てでマンションの瓦礫の中に飛び込んで…
そのときに自分の能力を思い出しました。

そうだ、自分の能力を使えば、被害を少しでも少なく出来るんじゃないか?子どもを助けられるんじゃないか…!?

気が付くと私は元通りのマンションの中にいて、側にいた子どもに上手いこと言って外に出るように言います。
そこへ再び襲い来る地震………。

激しい揺れの中で子どもたち(二人いたはず)を庇いながら、ふと気付く。
「やり直し」をする度に、子どもたちにこんな恐ろしい思いをさせることになるのか……。




………と、そこで目が覚めました。
夢の中で私は、上手くやれば子どもたちを助けられるはず!って思ってたんですよね。
だけど実際には、助けられるかどうかはともかくとして、怖い思いをさせている。
それに気付いて愕然としたところで目が覚めるという…。

相手は天災だし、全てのものから守って上げたいなんて傲慢もいいところだと思う…んだけど。
何か…何だろな。
うーん。
何とも言えない目覚めでした。


………まあ、起きる予定の時間より早かったんで二度寝しましたけども←
HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。