04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お供はコーヒーで。

コーヒーお供にまたはとが何か書いてますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げた小鳥が舞い戻った…

とかなんとか、FE烈火あたりで聞いた覚えがあるような台詞をタイトルにしてみましたが、アトリエの話題です(笑)

だーいぶ前、それこそ発売してすぐくらいかもしれませんが、一度買って、その後手放したものをまた買いました。
小説版マリーのアトリエ。
また買った理由は、シュワルベがオイシイ役所で出てたことを覚えていたからです(笑)

てことで続きにしまっときまーす。  
そもそも手放した理由が何だったか、はっきり覚えてないんですが…(笑)
なんせ、数年前の話なので。五年くらい前かなあ。
ただ、マリー、エリー、リリー(リリアトオンリーの分)、マリー~リリー(全部の話の分の1巻のみ)、その4シリーズは買って読んだんですよ。
で、どの本だったか分かりませんが、キャラの笑い方に愕然とした記憶が…(遠い目)
その他にも多分思うところあって、エリアト(挿絵目的)以外は全部手放したのでした。

でまあ今回、シュワマリ熱が再燃したところで、そういえば小説…となり、再び購入したわけです。
当時は特にシュワマリ好きでもなくて、普通にフーンと思ってたはず…。
改めて読んでみて思ったのは、気になるとこはあるけど、別に手放すほどでもないかなあ…ということ。
シュワマリフィルター通して見ちゃってるので、その辺の補正が掛かってることは否めませんが(笑)
それでも手放す程じゃないなあと思ったのは、私が年齢を重ねた(笑)ってことなんでしょうかね。
あと、リリアトオンリーの分を読んだらまた変わるんだろう。笑い方、ゲルハルトだったような気がする。分からんけども。

ちなみに気になったことってのは。
小説なんだからそれ言っちゃ仕方ないだろうと思うんですけどね…マリーの無計画加減が、見ててイラッとするんだ…(笑)
思い込みの激しさというか。
他人に感謝しない、他人のせいにする、まあその辺はストーリー上仕方ないのかもだけども…。
多分、自分内イメージのマリーとかけ離れてて、それが駄目だったのかなーと。
マリーは、前向きで常に一生懸命なのがいいんだと思うですよ…。
あともう一つ、クライス惚れんの早いな!っていう(笑)もう少し、理由付けというか、きっかけを描いてあげて欲しかった。一目惚れなのか?いやいやそれにしてもなあ…。



ところで、シュワルベの、真っ白なターバンっていうのがどうしても笑ってしまうんですが…ぷるぷる。
真っ白なターバンっていうと、どうしても、こう、DQ3の男商人さんが脳裏をちらついて…(笑)
ていうか、盗賊の頭が、真っ白なターバン???って……真っ白なのか、清潔感溢れる白なのか!?と…!
どこの部族の長だよ!!っていう(笑)
役所的には、とてもオイシイと思います、ハイ。最後は冒険者としてマリーに雇用されてるのシュワルベだけだし。シアはノーカンですよね!
盗賊団員たちが皆で調合の手伝いしてて、シュワルベが号令かけてるってのも正直ふいたんですが、そこはまあ、小説ならではの演出というか展開というか、まあいいや…(笑)
とりあえず登場とかマリーとの絡みとかが格好良くてオイシかったからそれでいい。
そんなもんです(笑)

まあ、買い直して良かったと思いますですよ。
現金だなあ(笑)
HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。