07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

お供はコーヒーで。

コーヒーお供にまたはとが何か書いてますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシン

別に手縫いでもよかったんだけど、ミシンのが確実だよなーと思い、昼間にミシン引っ張り出してました。

このミシン、買ったのは数年前なんだけど全然使ってません。
買った当初だったと思いますが、上糸が上手く通らないだったか、固すぎるだったかで母の怒りを買いまして、それ以来封印されてたのです。
まあ多分フツーに使えるんだろーってことで出してきて、布の押さえをどこで下ろすのかしばしさがしてみたりしつつ、念の為上糸を通し直ししておいて。(確かに小学校のときに触ったミシンなんかに比べると引っ張ったときとか固かった、かなあ?)

ふと気付く。

電源コード、どこ?

残念ながら充電式とか電池式ではないようで、しっかり「差し込み口」がありました。
アレーハハハとか言いつつしまってあった箱の中探してもあるのは埃と猫の毛だけ。
ここで諦めたらよかったのかもしれませんが、何かやけっぽくなってたのかなあ。

ミシンって、針の位置調節する用にハンドル?丸い、グルグル回るとこありますよね。
ミシン動いてるときって、あれも回ってますよね。



「足踏みミシンよか大変…」



進化した電動ミシンを目の前に、やってるのは足踏みミシンよりさらに退化してるっぽい行為。いや、足踏みミシン使ったことはないです。母が使ってるのは見たことあるよ。

しいて言うなら「手回しミシン」てとこでしょうか…。
返し縫いと布の位置調節がやりにくかったけど、時間かなりかかったけど、あと腕がスゲー疲れたけど、とりあえずつつがなく終わりました。
全くつつがなくない。




ただ、もしかして…?って思って作業台の手前、外せるようになってるとこを覗き込んでみたらばっちりコードがあったのには参りました。
一回そこ外してたんだけど中は見なかったんだー(涙)
もしまたミシン使うときがあったら次は文明の利器として活躍して貰います。
使うときあるか分からんけど…。
HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。