08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お供はコーヒーで。

コーヒーお供にまたはとが何か書いてますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨…

ここしばらく姿を見せなかった近所の脳内常夏雄猫が数日前からまた顔を見せるようになりました。
人なつこいのはいいんだけどでかい声で鳴くのと、ところかまわずスプレーするのと、あと家の中まで入ってくるのをやめてくれたらなあ。
うちの猫がなわばり守れてないとか、何かもうそういうのはどうでもいい…。奴らにそんな期待してないヨうふふ。
ちなみに今も、うちの猫たちの出入り口んとこでぺたぁーと寝てくつろいでます。雨掛からないし風とおるし、猫的に良い場所なのかもしれん。うちの猫たちも去年の夏場とかあそこで寝てたよ。

さっきちょっと撫でてきましたが、ちゃんと手入れなんかはしてもらってるっぽかったです。んで、若い雄猫の体つきだった。スジッとしててね。
あれがこれから数年はずっとうちに通ってくるのかしら…(遠い目)
愛嬌ある奴ではあるが………うん、迷惑だ…。
避妊手術も飼い主の責任だよねえ…はぁぁ。

続きで何となくネタとか。
「ある日」ではないです。
   
職人 ダイス
精霊 サイレリウス

Q.お二人の関係は?
「持ちつ持たれつ」
「俺の持つ分量が相当に多いがな」
「誰のおかげで美味いモン食えてるんだよ」
「誰がいつも魔物から守ってやっていると?」
「でも呼んでも来ないときあるじゃん」
「俺とて忙しいことはある」
「ぜってぇ嘘だ!面倒くさいだけだろ!」
「まあそういう日もあるな」
「これだから精霊ってやつらは…!」
「文句があるのなら自力で旅をするがいい」
「くっ…」

Q.普段は何と呼び合っていますか?
「サイロ。たまにサイレリウス」
「ダイス」
「サリーちゃん?」
「……。他力本願男」
「気まぐれ。食うばっかりの役立たず」
「馬鹿者。軟弱。」
「意外にも甘党」
「意外は余計だ貴様」
「その眼光その態度で甘党なんてギャグじゃん!」
「『クッキー作りが趣味』の貴様に付き合ってやっているだけだ」
「捏造すんなてめぇ!」
「レシピなしで作れるクッキーの数を言ってみろ」
「10は軽いですが何か?ってか誰のせいだと!」
「責任転嫁とは恐れ入る」
「よし分かった、もうプレーンしか作らねえ」
「!……き、貴様…」

Q.お二人の出会いについて教えて下さい
「俺が魔物に襲われてピンチのときに何か助けてくれた」
「助けて貰っておきながら何かとは何だ」
「いやだって俺助けられる理由に全く思い当たらねえし」
「……………」
「ていうか今助けてくれんのだって何でなんだかさっぱりで」
「……………」
「俺が思うに、やっぱこれは  じゃねえかと」
「よし貴様死ね」
「んなっ!何でだよ!?だってあとはそれくらいしかねえじゃん」
「俺が救ってやった命だ、どうしようと俺の自由だ、そうだな?だから貴様死ね。今死ね」
「ギャー待て待て待てマジで死ぬ!サイロやめろ!やめてってばサリーちゃん!!」
「この俺が手を下してやるのだ、有り難く思うがいい!」
「ギャアアアア」



ダイスが何の職人なのかとか、サイレリウスが何の精霊なのかとか、全然さっぱり分かんないのですけど。
何かこう、こころあたたまるかんじのあったかいやりとりをくりかえしてるふたり、ってことで。
形になるんだかどーなんだかすら不明ですが、浮かんだときに残しておこうかなと。

ちなみにダイスって名前別の設定の話でも使ってたりするんですが…。
こっちが先で、キャラだけ流用しようとしたら名前以外まるで別人になっちゃったーというか…。
でも二人ともダイスって名前で定着しちゃってるのでそのままいっちゃう。ははは。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。