07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

お供はコーヒーで。

コーヒーお供にまたはとが何か書いてますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーチャーな夢

気が付けば…一週間弱?空いてしまってますか。ひーえー。
特に何があったとかでなく、平穏無事に暮らしてたんですが。
ブラウニーはT嬢に気に入って頂けたようでした。よかよか。
家に残った分が結構あったんで、早く食べないと傷むーとか言いながら、夕食後まだ満腹なのに詰め込んでみたりしました。
うん、やっぱデザートっつーのは空腹とかさ、ある程度お腹に余裕がある状態で食べるものだよね…(遠い目)
そんなわけで私は某番組の某企画が好きでないわけですが(すごい話飛んだ!)そもそもあの番組自体アレなんだが、他に見るものがなかったり、家族が結構好き…?なのか?よく分かりませんがそのチャンネルになってることが多いのでした。

それはいいや。
えーと、そうそう。
今日見た夢の話です。
虫が苦手な方はご遠慮下さーい。



ダンゴムシみたいなものが、ベッドの下にいたんですよ。
動かなかったんで、ああ死んでるのかなあとか思ってたんですね。
普通なら死骸だとしてもすぐ処分すると思うんですがまあそこは夢ですからね。
少しして、ふと見ると、どうやら動いてるんですね。
げげっ、と思いよくよく見てみると、実はそれ、体長が30cmくらいあって。
ギャー!ですよ。
動き出してみるとそれはどうひいき目に見てもダンゴムシではありえない動きをするんです。
びょん、てね、飛ぶんですよ。跳ねると言うべきか。
んで口みたいなのもあって…えーと、FFの、でっかいイモムシみたいなやつ。丸い口でぞろっと牙みたいなのが生え揃ってる…あれみたいな。それが跳ねてる。
ありえない。キモイ
とにかく部屋から追い出さなきゃ、と手に持ったのは………鉛筆?シャーペンだったかも。
もっと長いモンあるだろーよってハナシで、そしてその通りなわけですが。
とにかくそれで、ビシッビシッと弾いて、廊下に飛ばしました。
またそれがびちびち跳ねるんだわー。ああ、キモチワルイ…(どうぶつの森ネタ…)

何とか階段から落として、半ばあたりでうごうごしてるのを確認してからふと部屋の入り口を見ると、またヘンなのがいる。
次は…カニみたいな。でも鋏だけがやけに長かったです。いや鋏が長いんじゃなくて、鋏のある…足?だけが、他の足の倍くらいあって、その先に鋏がついてる。
これまたキモチワルイ。
とにかく追い出さなきゃ、とまたしても鉛筆(かシャーペン)を握りしめたとき、親指の腹を鉛筆(かシャーペン)の尖った部分が引っ掻いたのを覚えてます。
大して痛くなかったので(痛覚あったのか覚えてないんだけども)ダンゴムシクリーチャーと同じ方法でまた階段から落としました。
階段半ば辺りに二匹がいるのを見下ろして、よし下まで落とすぞと段を下り掛けた辺りで目が覚めました。

ええと、私、エイリアンとかね、ああいうクリーチャー系(?)の映画、見ません。キモイもん。ホラーも見ないしな。ハムナプトラとか…この間見たやつ、えーと、恐竜時代にタイムスリップして狩りをしますよとか何とかってやつとか…ちっこい虫がうぞぞぞぞぞぞってなるようなの、もう本気で嫌い。目を逸らしますよ。
そういうのが好きってんなら分からなくもないんだけどな…何だったんだ、あの夢。
あ、そういえば。
ダンゴムシクリーチャー、階段から落ちたときに仰向けになってたんですが、やっぱダンゴムシじゃなかったです。
えーと…カブトムシとかみたいな、固そうな足で、Xの形に四本だけやけに長くってね………
多分あの足で獲物にガッチリ取り付いて、喰うか吸うか何かするんだ。
うあああああ、書いてて気持ち悪いー!
自宅の夢も現実とごっちゃになるから嫌だけど、自室の夢ってのはもっと嫌だな!ああ、キモチワルイ……。


さてさて、数少ない閲覧者さまがドン引きしてるのを感じつつ(……)
更新いっときましょう。

・ものくろ部屋に一話
わーいわーい、文月さんのSSを戴いちゃいましたよーvV
これでいつでも涼月君に会える…!!(わりと本気)

・同盟一つ削除
お疲れ様でしたー。


そういえば、やり直してるどうぶつの森、ちゃんとサソリとタランチュラ捕まえて博物館に放り込んでおきましたよ。
やっぱり奥の展示室で対決してました。相変わらずサソリのが押され気味。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。