07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

お供はコーヒーで。

コーヒーお供にまたはとが何か書いてますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りゅうたま一人リプレイ「旅立ち」その4

ラストとまとめ?反省会。
. .
GM:さて、そんなこんなが落ち着いたあと。あなたたちはカウンター席で、マスター特製の「おいしい食事」に舌鼓を打っています。翌日のコンディション・チェックに+1できるありがたい食事ですね。
マスター(GM):「いやあ、メイラちゃんたちはいつ旅に出るのかと思っていたところだったんだよ。この時間に着いたということは、村を出たのは今朝かい?」
メイラ:あはははは、それにはえーと「まあそんな感じー」と曖昧に笑っておくわ…。
ソエル:(そわそわ)
マスター(GM):「うん?ソエル君、落ち着かない様子だけどどうかしたかい?」
ソエル:ぅえっ?ああ、いや…そろそろかと思って…酒場の入口の方とかを見てるな。
メイラ:…………、あー…。
GM:うーん……何かを期待しているソエルに、ここで残念なお知らせです。
ソエル:えっ?
GM:本来のストーリーならあなたたちは、昼間に町に辿り着いて、そこで先程のごろつきたちに絡まれている女性を助けたわけですが。
メイラ:まさか。
GM:町への到着が遅れたことにより該当イベントは消滅しました。当然のことですが、彼女とのフラグも立っていません。
ソエル:え、えええええええ!!!!!!
GM:しかしこれもダイスの女神のお導き。諦めてください。
ソエル:諦…えええ……いや、嘘だろ…。
メイラ:むごいわ…。


GM:えーと。ソエルが急に無言になりましたが続行します。
ソエル:…………。
マスター(GM):「ところでメイラちゃん、これから旅に出るなら路銀も必要だろう。少しばかり床に穴はあいたけどステージは無事だ、踊っていくだろう?」
メイラ:あっ、いいの?じゃあ「もちろんよ!」って笑顔で応えるわ。立ち上がって、服の埃をぱっぱっと払ったりするわね。
GM:そういえば「美しい旅人の服」ってダンスのときの衣装なのに、普段から着てるんですね。
メイラ:あー、ええ、サイズ制限がね…。衣装にもなるくらいには上等な服、ってことでお願いするわ。
GM:なるほど。
メイラ:でもこのままじゃ味気ないかしらね…あ、春魔法のエミナ・ノンノで出した花を髪に飾ろうかしら。
GM:おお、いいですね。
メイラ:じゃあ発動チェック…(コロコロ)あっぶない、2+1で成功。花の種類は、そうね。ガーベラがいいかしら。花弁が多くて可愛くて、好きなのよね。
GM:ちなみに色は?
メイラ:うーん…オレンジ、は髪の色と近すぎるから、黄色がいいかしら。
ソエル:…お前、
メイラ:わあ!
GM:喋った…!
ソエル:あのな…。…じゃなくて、お前さっき怪我してたろ。朝採った夕陽のヒメリンゴを「これ食ってろ」って渡す。
GM:そのまま使ってもHP2点回復ですから、ちょうどいいですね。
メイラ:何か急に静かになったと思ってたけど…(睨まれた)……えーと、ありがと、って言って食べるわ。今はお客さんはどうなの?結構賑わってる?
GM:そうですね…(コロコロ)…騒ぎを聞きつけた人々が覗きに来ていたり、メイラの姿を見付けて嬉しそうに席に着く客がいたりで、なかなか賑わっていますね。
ソエル:なあ、演奏はどうするんだ?普段なら俺がしてるけど、今回はヒーラーだし楽器も持ってねえぞ。
メイラ:そこはほら、あたしが手を叩くと専属の楽団がズラーッと…
GM:来ませんね。
メイラ:えー。
GM:来ません。…が、マスターが奥から使い込んだギターを持って戻ってきました。店内のお客さんの中にも、横笛を取り出して音を確認している人がいますね。馴染みの酒場なので、メイラにとってはホームのような場所ですね。
メイラ:やった!
GM:ということでメイラはミンストレルの「音楽」で振ってください。出た数値*10をおひねりとして獲得出来たことにしましょう。酒場楽団の演奏でボーナス+1していいですよ。
メイラ:美しい短剣と美しい服で+2貰える?
GM:まあいいでしょう。ただし1ゾロだと怪我人が出ます。
メイラ:出さなきゃいいんでしょ!
ソエル:じゃあ…俺は、メイラの踊りは見慣れてるからな。ハンドクラップで演奏に参加する。
GM:分かりました。それでは、演奏と美しい短剣、美しい服、ソエルのハンドクラップでボーナスは+4です。
メイラ:よし、いくわよ…!2d8で…(コロコロ)6+8!!ボーナス足して、18!!!やだあたしすごくない!!?
ソエル:うおお、すげえな!?
GM:出目が高い…!16超えたら一国に数人の匠レベルですが、超えてきましたね…!!


GM:では、ステージの端に腰かけたソエルが徐に手を打ち鳴らし始めます。強く弱く、高く低く、波のようであり、風のようにも聞こえます。
GM:そこにマスターのギターが参加します。繊細なイントロが少しずつ盛り上がってくると、シャンシャン、どこからか鈴の音が聞こえてきました。
ソエル:……?
メイラ:あたしは静かにステージの中央に進み出て、まずは短剣を持たずに踊るわ。ゆったり、身体のラインを綺麗に見せる動きね。酒場中の視線をしっかり集めたところで一閃、短剣を抜く!
GM:それに合わせて笛の音が演奏に重なります。主旋律ですね。
メイラ:あたしはどちらかというと、色っぽいよりは綺麗に魅せる踊りの方が得意なのよね…剣舞だし、ここは勇ましく、見えない何者かと戦っているような踊りがいいかしら。
GM:いいですねえ。観客たちの目には、メイラが戦う相手の姿までもが見えるようです。
メイラ:ノッてきたから、ステージから降りちゃおうかしら。テーブルの隙間を縫って踊りながら、顔見知りにウインクしたり、たまにセクハラしてくるおじさんにはここぞとばかりに短剣突き付けてヒヤッとさせてやるわ。
ソエル:俺はそれを見て、あーいつもの仕返しだな…って苦笑するだろうな。
GM:………。では、苦笑しながらも正確に手拍子を打つソエルは、酒場の入口からそっと店内を覗く人影に気が付きます。これまで見たことがない程に賑わっている酒場の様子が気になって、覗きに来たようですね。
ソエル:!?
GM:顔見知りは多いつもりでしたが、見覚えがありませんね。その女性はふと、呼ばれたかのように顔を上げてあなたの方を……
ソエル:!!!!!


GM:というところで、本日のセッションは終了です!お疲れさまでしたー!
メイラ:お疲れさまでした!
ソエル:うわあああああああ!!!!そこで終わりとか!!!!
GM:シーンごとカットした方が良かったです?
ソエル:ありがとうございますお疲れさまでした…!!
GM:はい。お疲れさまです。
GM:では最後に、今回の報酬ですね。まずは経験値から。最も難易度の高い地形は夜の森で、300点。竜人の使ったブレスはなしなので0点。最もLVの高い敵は低レベル地形盗賊でLV5*10の50点。合計350点ですね。
GM:二人とも350点ずつ獲得、100点でLV2にアップしまして、どれか一つ、能力値を一段階上げることができます。
メイラ:あたしは知力を上げるわ。方向チェックも野営チェックも、知力を使うのよね…。
ソエル:俺はどうするかな…体力にするか。
GM:それから、ラストのステージですね。ボーナスも足して18という素晴らしい結果を叩き出して、180Gのおひねりをゲットしました。
メイラ:じゃあ90Gずつね。
ソエル:おう。
GM:あと、竜人の設定一つ決めました。尻尾の先に小さな鈴を括り付けていて、機嫌がいいと軽やかな音を奏でます。
ソエル:なるほど…。
メイラ:それってさっきの…!



ということで、練習のための一人TRPGセッション終了です。
ストーリー、というかシナリオは決めているものの、ダイスは実際に振った数で進めていたのでラストの女性はもう出ないかなハハハ…と思ってました。
森はもっと苦戦するかなと思っていたんですがすんなり抜けたし…移動チェックは回復できるから、苦戦させるなら方向チェックを入れた方がいいということですかね。
敵に関しては、イニシアの出目が良すぎました。戦闘特化パーティーでもないので数的にはあれでよかったんじゃないかなあと思うんですが…うーん。あ、オブジェクトの数は10(ボス戦仕様)にすべきでした。途中で気が付いた。
あとは…1ゾロも結局出なかったなあ。いや、敵サイドで出たけども。
あ、ソエルの「クイック」忘れてたな…テクニックタイプだとイニシアの値が+1になるのでした。

保存してるキャラシに更新を入れないかわりに、最終的な変動をメモっておきます。
メイラ
 レベル 1→2
 知力 4→6
 所持金 47G→137G

ソエル
 レベル 1→2
 体力 6→8
 所持金 47G→137G

所持品
 水 -3
 食料 -2
HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。