09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お供はコーヒーで。

コーヒーお供にまたはとが何か書いてますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついったサルベージ(お題編)

一応いくつか自分にルール?を課してました。

・二つずつやる
・シュワマリとダグエリを交互に(どっちが先かは気にしない)
・1ツイート(140文字)以内

あと、これあんまり関係ないけど
・お題の台詞を言うキャラのbotにあてて呟く
(本当に関係ないな)


ということでお借りしたのはこちらのお題。

「基本の挨拶で10のお題」
http://sky.geocities.jp/koinokagi/odai/aisatu.html

1・おはよう。今日も元気にいってみよう!
2・いただきます。あなたと食べられる幸せ。
3・いってきます。この扉を開けば。
4・ありがとう。言葉だけでは足りないくらい。
5・こんにちは。昼の陽気に誘われて。
6・ごめんなさい。もうしないなんて言えないけど。
7・さようなら。また明日も、こうして一緒に。
8・ただいま。ここが私の帰ってくる場所。
9・ごちそうさま。おいしかったから、笑顔で。
10・おやすみなさい。夢でも会えたら嬉しいな。

続きで書いてますー。
自己設定とかも入れちゃうぞ!イタくてごめんね!!

あ、ちなみに挨拶といってもお題の言葉そのままは言ってません…。  
1・おはよう。今日も元気にいってみよう!(ダグエリ)

@elie_tr 「おい、いつまで寝てんだ?午前中に目的地まで行くんだろ。」何度目かの声を掛けたが、起きそうもねえ。ムニャムニャじゃねえよ…全く。「いい加減起きねえと…」寝顔を覗き込む。…引き寄せられるように、「……うーん…?…あ、おはよう、ダグラス」「……」何で起きるんだよ…。

ベタ万歳ですねハイ。それに尽きる。



2・いただきます。あなたと食べられる幸せ。(シュワマリ)

@marlone_bot 「はーっ、疲れたぁ!マスター、いつもの!」「おう、今日はいいのが入ってるぜ」「やったー!」「……」何も言わないあなたはきっと知らない。この時間が、あたしにとってどれくらい重要か、なんて。「はい、今回もお疲れさま!いただきまーす!」

マリーの一人称は「私」だったかも。ついついあたしって言わせてしまう。
きっとシュワルベもこの時間を悪くないと思っているはず!な、シュワマリですでへへ。



3・いってきます。この扉を開けば。(ダグエリ)

@elie_tr がらんとした工房を、ゆっくりと歩く。床の染みは、寝不足で溢した薬品の跡。壁の汚れは、あの日の失敗。ここが、私の出発地点。ここが、始まりの場所。「……いってきます」開いた扉の隙間から光が溢れる。私は行くよ、次の場所へ。

@elie_tr 新しい服、新しい仕事、新しい環境。どれもこれも今の私には責任が重すぎて、潰されてしまいそうになる。だけど、同じ場所にいる、そう考えると頑張れるんだ。なかなか会えなくても…、……会えないのは辛いけど、あの日の言葉があるから。私は今日もこう言える。「…いってきます」

一つ目書いてる途中で(あっこれCP要素出すの無理!)て気付いたので、とりあえず仕上げてからリトライ。
一応、宮廷魔術師EDのつもりでした。消化不良~な感じですが…。



4・ありがとう。言葉だけでは足りないくらい。(シュワマリ)

@Satz_bot 「マリーはシュワルベがありがとうって言うの聞いたことあるかい?」「急にどうしたの?」「いや、さっきそんな話題になってさ」「言葉では聞いたことないわよ」「マリーもないのか…」(…言葉では、ね)
皆、知っているのに、気付かない。でもきっと、それでいいんだと思う。

言葉では言わないけど、ちょっとした視線とか、動作とか。
態度で感謝を示してるんだけど、皆それが彼なりの「ありがとう」だとは気付かない。
本人的にはそれでいいようなので、皆までは言わない。
自分が知ってる、それだけでいいんだ。
そんな感じのマリさんで!…恥ずかしいなオイ!!

そういえば、3と4は二人の内のどちらかだけを登場させようと決めて書いてました。
今思い出した。



5・こんにちは。昼の陽気に誘われて。(シュワマリ)

@marlone_bot 「こんにちは、シュワルベがこんなところにいるの珍し…あれ?」街外れとはいえ、人前で彼が警戒を解いている姿が珍しくて、邪魔をしてはいけない気分になる。だけど、珍しいからこそ眺めていたくて。(…寝起きの顔…とか。ふふっ)隣に座ってみる。今日も、いい日だ。

ベタ万歳その二ですね。この後の展開は言わずもがな。



6・ごめんなさい。もうしないなんて言えないけど。(ダグエリ)

@marlone_bot 「あれ?ここに置いてたクッキーは?…えっ、ダグラス君食べちゃったの!?あちゃー…最初に会ったのはエリーよね?じゃあまあいいか…。……え?ああ、えーと、惚れ薬をね……。……………、………………………っぷ、あはは、ゴメン嘘!あははは、二人とも真っ赤!!」

ダグエリで「ごめん」といえばつまみ食いだよなー
ってとこからちょっとひねってこんな感じに。
ダグエリなのにマリーbotに投げる不思議…(笑)



7・さようなら。また明日も、こうして一緒に。(シュワマリ)

@Satz_bot 「本当は嫌なんだけどこれ以外方法がなくて仕方なくで、だから」「雇用契約を解除するんだな」「頷きたくない…」「諦めろ」「あなたが言わないでよ〜」「そうか、じゃあな」「ねえ、どこにも行かないわよね?」「さあな」「ちょ、」「…あと一度くらいなら雇われてやってもいい」

マリー的には、シュワルベはいつふらっといなくなってしまうか不安で、なので雇用契約を保険みたく思ってた、というイメージ。
あと一回→どうせまたずっと契約しっぱなし→どこにも行かない、という遠回しな意思表示。
遠回しすぎんだろが!!!て思うけどシュワマリはついついこういう関係にしてしまうんだ…!!



8・ただいま。ここが私の帰ってくる場所。(ダグエリ)

@dag_mcr_bot 今回も討伐隊は無事に帰還できそうだ。近付く城壁に隊員たちの表情も和らい…何だよ、何をニヤニヤと…「!」オレンジの法衣が駆けてくる、止まらない、おい後で俺がどれだけ弄られ…ああ、もう!「おかえり!」「…ただいま」こういうのは帰ってからにしてえんだけどな…。

飛びついて→抱き留めて→囁く。
新婚さんのつもりでした!ひゅーひゅー!!



9・ごちそうさま。おいしかったから、笑顔で。(ダグエリ)

@dag_mcr_bot 「はー、食った食った、ごっそーさん!…しかしお前、これちょっと作りすぎたって量じゃねえだろ」「え!?あはは、そうかな?」
「おにーさん、自分で毎日でも食いたいなって言ったの忘れたのかな?」「しーっ!センサイなモンダイなんだよ」
((……聞こえてるよ…))

付き合ってるような付き合ってないような関係はおいしいですね!



10・おやすみなさい。夢でも会えたら嬉しいな。(シュワマリ)

@Satz_bot ふ、と意識が覚醒する。街外れの木陰で転寝とは、すっかり腑抜けたものだと思う。移動しようとして、左肩が重いのに気が付いた。「おい…」肩に伸ばした手が止まる。幸せそうな寝顔だ。「……全く。今だけだぞ」外套を掛けてやると寝顔が少し微笑んだ。

はい、ベタ展開ここに続いてましたー。
おやすみなんて一言も言ってないんですが、まあ、台詞と行動がね!奴なりのおやすみなんですよ!

というか、シュワルベが素直に挨拶してるところが想像できない~ってところから始まって挨拶お題探したんですけど、結局ちゃんと挨拶してないっていう。
私の中のシュワルベは他人の名前呼ばないし真っすぐな物言いはしないけど、その代わりに行動の節々にそれらが見える、て感じなので…わはは…。



で、さらに続けてお砂糖増量バージョン。

@Satz_bot 「……おやすみ、マルローネ」触れるか触れないかの距離で囁かれた言葉の響きが甘すぎて、これは夢に違いないと思い込む。だってあの無愛想が、こんなこと、「顔が赤いぞ。さっさと起きろ」堪らず外套を頭から被ると、くつくつと低く笑うのが聞こえる。外套の中は彼の匂いがした。

ちゃんとおやすみ言えたね!!!
はいお疲れさまでした!!!!(恥)
HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。