10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

お供はコーヒーで。

コーヒーお供にまたはとが何か書いてますよ。

本の中にすむ先輩

※ブログのテンプレート変更後は記事のレイアウトが相当崩れると思いますがご容赦ください…。


少し前にちらっと書いてましたが、ペーパークラフトのカード。
画像を色々あげてみようかと思います。

興味持ってもらえたら嬉しいな的なアレで、一枚だけまず貼っておこう…(笑)
メッセージカード右下の黒い四角は、本名のサインなので切り取ってあります。

全景
 
そもそも何のために、ってのはメッセージカードの汚い字を解読された奇特な方(こら)なら何となくお分かりかもしれませんが。
「Landreaall(ランドリオール)」という、私の大好きな漫画の20巻発売記念サイン会が!大阪で!行われることになりましてね!
どうにかこうにかサイン会に参加できることになったので、何か先生にお渡ししたい…というところから始まったのでした。

ツイッターで仲良くして頂いてる関西のランドリ仲間は何故か(?)器用な方が多くて、色々作ってまして。銀粘土とか、消しごむハンコとか、手芸とかとか。
そういう「ものづくり」(?)をしてる面々は皆「ドワーフ村の住人」と呼ばれております。私もペーパークラフトで村はずれにひっそりと住まわせていただいております。
………うん、多分意味わかんないですよね…まあ、お互いに刺激しあいながら色々作ってるんです…ハイ。

で、最初はもっと単純な「飛び出すカード」にしようと思ってたんですけどね。
どんなのがいいかなあって漫画の既刊見たりしてたら、いつの間にかこんなことに。
……キャラたちの部屋の見取り図が漫画のカバー下に描かれてるんですが、その中で(構造的に)作りやすそうで、見栄えがよさそうなのがこの部屋だったんですよ。
この部屋の住人が特別好きとかいうわけではありません(オイ)
いや、好きですよ?好きだけど、一番好きなのは他のキャラです…サイン会で描いていただいたのもそのキャラだし。ネタ的にこの部屋の住人とどちらにするか、ほんとに寸前まで悩んでましたけど(笑)

ちなみにこの部屋の住人は主人公やその友人たちの先輩で、男子寮の相談役です。
何ていうかまあ…変人です(どんな紹介だよ)『本の塔に閉じ込められた歴史狂』とか呼ばれたりしてるらしいです。
この部屋の一つ下の階が主人公の部屋なんですが、この部屋で本が崩れる音を聞きつけた主人公が壁を登って窓から様子を見に来たりします。
……嘘は言ってません。が、詳細説明を投げてます(開き直り)

とにかく、ランドリは本当面白い漫画です!!
小説好きな方とか、世界観重視する方とか、伏線が張り巡らされた話が好きな方とかは、絶対!楽しめます!!
間違いないです。断言します。
騙されたと思って、とりあえず4巻まで読んでみてください。後悔はさせませんから!!!




……と、この記事書き始めた本来の目的を忘れるところでしたが(笑)
画像色々載せていってみまーす。
あ、作業机の上で撮ってるので基本的に周囲が汚いですすみません…。


実は、先に触れたドワーフ村住人仲間が無地のブック型ボックスを譲ってくれまして。
この部屋を本の形した箱に入れるなんてぴったりじゃないか!ということで、箱の装飾も気合い入れました。

目指せ高級感
本来は全く何の装飾もないクリーム色の箱だったところに紙と、角に革っぽくシール、紐で留めてあるのもシールです。ABCクラフトさまさまです本当。
のりを付けすぎて汚くなっちゃったところとかもあるんですけど…表面はきれいに貼れてよかったよかった。


ぱかっと
開くとこんな感じ。リボンかけてないと開いちゃいます。
カードには先生へのメッセージと、部屋の開き方を(笑)


畳んだ中はこんな感じでした
左手前の壁とか机のワンセットを先に畳んでから、その他を畳んでます。
作ってる途中で撮った写真なのでカードがまだないですね。

別角度で
こっちの角度だと左右の本棚がどんな感じか分かる…かな(笑)
正面向いてる本棚以外の本は全て一つ一つ作ってます。おかげで本棚を作るときに幅が合わなくて…(遠い目)


窓から覗く主人公
窓から主人公が顔をだしてるっていうのも、漫画のカバー下見取り図と同じ。(見取り図には他にもキャラがいたんですが、そっちは技術的に断念しました…)
口を貼るときにのりが汚れちゃって黒くなってしまったのが…ううっ。
腕と身体と、他にもカード全体で何箇所か中に紙を入れて厚みを持たせてるところがあります。全く分かんないレベルですけどね!(笑)
あ、ちなみに窓枠の外側が10mm×16mm…だったかな?確かそれくらいです。


本棚まわり
正面向きの本棚、一番下の段までちゃんと本入れて(貼って)あったんですけどね…計画性のなさが出てますよねフフッ…。
この本棚二つのジョイント(裏面)はツギハギすぎてお見せできません。ていうか写真すら撮ってないや(笑)


ベッドまわり
こっちの本棚の方が色々試行錯誤しました…そことかあそことかハハハハハ。
ところで一番下の段の本が取れませんねちょっと表に出しにくいような本でも入れてるnいやなんでもありません。ウフフ☆


一部ファンにしか通じない小ネタ(笑)
分かる人にしか分からないネタを仕込んだりもしつつ。
内輪ネタではないですよ、一応。小冊子ネタだものね。うん。
ただ、当時内輪でこのネタで盛り上がりまくってたのも事実だ…(笑)いやあ、皆さん反応してたろうと思うんですけどね?


内容は各自ご想像ください
先輩ならきっと何か貼ってるんじゃなかろうかということで。
内容は皆さんのご想像におまかせします。


こんな風になってます
机部分を真正面から見るとこんな感じになってます。
机に積んである本はちょっと失敗してますが、基本的に□を組み合わせていくだけです。簡単でしょ☆

……ごめんなさい言ってみたかったんです。
でも構造自体は本当に単純で、あとは長さ測って切って貼って貼って貼って……て感じです。
黙々とやるの楽しかったです(笑)


ということで、ここまでご覧下さった方、ありがとうございました!

お粗末様でした





最後にチラッと自慢しちゃうと…。
実はサイン会前日に参加した別イベントでこれを先生にお渡ししたんですが、サイン会当日に机の上に飾ってくださってたのです!!友人の作った作中キャラのぬいぐるみと一緒に!
参加者さんたちの視線はぬいぐるみが一身に浴びていたことと思いますが(笑)
一緒に飾っていただけて、めっちゃくちゃ嬉しかったです…エヘヘヘヘ。
HOME
広告: