06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

お供はコーヒーで。

コーヒーお供にまたはとが何か書いてますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『漫才ギャング』観てきましたー

母と二人で観てきました。
あとはラプンツェル(字幕)と、八日目の蝉を母が観たいって言ってたっけかな。
大したこと書けないけど感想とかちょこっと続きにしまっておきます。

※あくまで個人的感想ですので…!  
面白かった、んだけど何だろうな、面白いのベクトルがどっち方向を向いてるのかな~という感覚。
テレビで見るようなお笑いの定番の形とか満載で、面白いコント見て笑ってるみたいな感じですかね。
その辺はテンポいいしずっと笑ってた気がします。
キャラも濃いし…ていうか秋山さんがもう。あと大悟さんも。オイシすぎる(笑)

けど、映画としては…数時間経っての感想は、きっちりまとめてるなあ、というか。
あのセリフはこれの伏線だったのかとか、この人がまさか!?とか、観てるときは「おおっ!」てなってたんだけど…
計算して作ってるなー感があとに残るというか。
いやいや、大して映画観ない人間なので偉そうなこと言えないんですが。じゃあお前できるのかって言われたらまずできませんし。
自分的には映画って余韻が残るというか、見終わってしばらくしてからも「あれは…」「あのあとは…」ってボンヤリ考えるもの、って感じなんですが、それがあんまりないかなーと。完結しきっちゃってる、のかなー。
映画観てぶわーっ!て笑って、よしじゃあ頑張るか!ってスパッと切り替える、そんな用法が向いてる気がします。

映像的な演出とか演技とか、難しいことはよく分かんないんだけど。
上地さん格好良かった~v 目力!目力!
アクションも動きが綺麗で、回し蹴りかっけぇ…!とか思ってました。
飛夫が留置場送りになる一件のアレは……うわぁ…www って、ちょい引いてましたけどね…(笑)

あと、個人的に一番好きだなーと思った台詞。
「夢に大きいも小せえもねえよ」
龍平がこれを言うってのがすごく好きだ。
そのあとの期待を裏切らないお約束も(笑)


途中なんか書いてますけど、全体的に言えば好きですよ!
夢を追っ掛ける奴らから元気を貰える映画だと思います~。
HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。